スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の進捗・140816

「HDG-LMF01-A」、現在の状況。「メイン・ブロック」の武装関連、主砲のプラズマ砲までモデリングがひとまず終わったので、更に細かいパーツや装甲類を積み上げている所。

140813_01.jpg

 その後、本体フレームの細部やら、メイン・エンジン・ノズルを作り込めば、モデリング作業終了がいよいよ見えてきます。
 まぁ、そのあと、UV 展開やら Poser でのフィギュア・セットアップなど作業がごっそり残っているんですがね(笑)。
 まだまだ、先は長い~。
 
 話変わって。
 先頃、PoserPro2014 の SR4 が公開されました。アップデート・ログによると、以前こちらでも話題にした「鏡面反射にノーマル(法線)マップが反映されない」と言うバグが修正されたようなので早速確認。
 
 一枚目の画像は PoserPro2012 でレンダリングしたもので、前回も掲載した画像。
 
140525_06.jpg
 
 二枚目は、同じデータを PoserPro2014 でレンダリング。鏡面反射でもノーマル・マップが適用されていますが~PP2012 とは鏡面側の陰の出方が違ってます。
 よく観察すると~PP2012 の方が鏡面画像の光源位置がおかしいような? ノーマル・マップによる陰の出方としては PP2014 の方が正しいと思われます。
 
140816_01.jpg
 
 三枚目の画像は、同じデータでバンプ・マップも適用した物で、ノーマル・マップとバンプ・マップを併用しても大丈夫なことを確認。
 
140816_02.jpg
 
 四枚目は三枚目と同じデータを再度 PP2012 でレンダリング。矢張り、ノーマル・マップの陰の出方が違うので鏡面反射画像の印象が違ってます。
 
140816_03.jpg
 
 因みに、同じマシンで PP2014 、PP2012 双方をテストしたのですがレンダリング時間は PP2014 の方が短かったですね。正確には測定しなかったですが、10分ぐらいは違ったような気がします。気のせいだったか?
 
 ともあれ、これで PP2014 がメインで使えるようになりました。
 まぁ、互換性維持の都合で製品のセットアップには、銃器などメカ類については Poser5E を、HDG などのフィギュア類と Toon-MAT 版には PP2012 を今後も使うんですけどね。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

motokami C

Author:motokami C
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。