本日の進捗・140218

「HDG-A05 for Poser」続報。
 取り敢えず、作業収束。動作確認とかも終わらせて、先ずは DLmarket へ製品を登録しました。 URL はこちら

140218_04.jpg

 これで、当初企画した基礎武装が揃ったので、全部ひとまとめにしてレンダロでの販売用パッケージの作業に入ります、が・が・が。以前、「女の子(※この場合は子供)に武器を持たせたプロモ画像はダメよん」とリテークを喰らった事があるので~この製品は、コンセプト的に N.G. かも知れません。
 まぁ、どうなるかダメ元でトライしてみます。
 しかし考えてみれば、女子高校生にあんな武装させて、エイリアン・ドローンと戦闘させているんだから、欧米人の基準だと「鬼畜」な設定だろうなぁ(笑)。 お話の設定としては、防衛軍が撃ち漏らしたエイリアン・ドローンが、住んでいる町や学校周辺に侵入してくるので自衛のために戦っているんですけどね。「HDG」システムも、そもそもは防衛軍が「コンペ」として発表した仕様に基づいて、天野重工付属天神ヶ﨑高校の兵器開発部(※部活)が応募設計したもので、防衛軍がその性能を認めつつも採用しなかった理由が「デザインが少女趣味で恥ずかしい」と言うことで。確かに、アレを装着したオッサンは見たくないが…。そんなわけで、防衛軍向けの「HDG」は天野重工で天神ヶ﨑高校兵器開発部の運用データを参考にしながら再設計中だったりします。
 
 さて、「HDG」の本来の意味は「Hyper Dominantion Gear:※直訳で超支配装具」ですが、基礎装備の攻撃力ではとても「支配」とか「制圧」とか言えるレベルではありません。基礎装備では機動兵器を接近戦で虱潰しにするのが、運用の基本となります。この基礎装備「HDG」を核(コア)として、中・長距離攻撃用の装備を追加する事でオール・レンジの攻撃能力を獲得します。つまり、中距離又は、長距離用の攻撃装備を接続して出撃して遠距離で敵の数を削り、残りを接近戦で殲滅する…と言うのが本来の運用思想なのです。そして、複数の「HDG」との連携によって、少数の人員によって戦域を完全に「支配」してしまおう、というのが、まぁ、防衛軍の要求した仕様だった、わけ、です、が…。
 
 そんな感じで(笑)、今後は拡張装備の開発とかやっていきます~。
 次の製品が「HDG」の拡張装備になるか、銃器類になるか、あるいはその他になるかは、現在考え中です。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

motokami C

Author:motokami C
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR